フリーな生活を送るために|心療内科レクチャーページ

カウンセリング

違いと必要性

心療内科と精神科の違い

資料を見る男性医者

心身症の疑いが出た場合には心療内科での診察治療が勧められますが、まだ精神科との違いが把握できていないという人は大勢います。そのため、事前に心療内科と精神科の違いについてしっかりと把握しておくことが必要になってきます。まず心療内科はストレスが原因で起こる病気の治療を行なっていきます。このことから心療内科は身体と心の治療をする病院と言われています。現代はストレス社会と言われていることでストレスが原因になる心身症が多く見られることから、利用者はどんどん増えています。精神科はうつ病やptsdなどの精神的なものだけの症状や病気を治していく病院です。そのため心療内科とは違って心の病院になっています。精神科は以前から利用者は多く見られていて、職場の人間関係やパワハラなどが原因でうつ病になっている人が多くなっていることからうつ病患者の数が多いです。

カウンセリングの重要性

治療するものが異なっていても心療内科も精神科もカウンセリングを欠かすことが出来ません。カウンセリングをすることで、何が原因になっているのかということがはっきりわかりますので欠かせないのです。また治療を受ける側にとってカウンセリングは原因の把握だけでなく、話を聞いてくれるだけで心が大分楽になってきますのでとても有り難いシステムとも言われているのです。そのためうつ病や心身症の確立を減らすために近年ではカウンセリングの専門所などもあり、多くの人がカウンセラーに様々な相談を行なっています。