フリーな生活を送るために|心療内科レクチャーページ

カウンセリング

確立を減らす取り組み

現代の取り組み

手でハートマーク

精神的なことが原因になっていて体調を崩してしまうことを心身症と言われています。心身症は心療内科で診察治療をすることができ、近年では利用者が増加してきています。これには現代がストレス社会であることからとも言われています。ストレスというと会社での人間関係やパワハラなどのイメージがありますが、家庭や学校でもストレスを受けるので誰もが心身症になってしまう可能性を持っているのです。学生の場合だと思春期の中高生に見られます。中高生の心身症の割合も多く見られますが、これはカウンセリングを上手に利用してみることで心身症の可能性を減らす事ができます。学校にあるカウンセリングルームは保健室と併設、または近くにあることが殆どでカウンセラーだけでなく保険医に助けてもらうことも出来ます。しかし、大人と同じように中高生も気付かないうちに心身症になっていて心療内科にお世話になるということが見られています。心療内科を頼るほどのレベルに達しないようにするためには、相談出来る相手を探すことやストレスを発散することの出来る趣味をするなどが挙げられます。

会社にも設置されている

社会人も心療内科に頼りますが、パワハラや人間関係などのストレスから出る心身症が多いです。中高生と同じように会社にもカウンセリングルームが設置されるようになり、いつでも快適に業務が出来るように取り組みがされています。もし既に心身症であることをカウンセラーに指摘された場合には、会社によっては心療内科の紹介もあります。紹介を受けたらすぐに利用して改善に務めるべきです。